お掃除のKIS >> ハウスコーティング・窓ガラスフィルムのご案内 >> 害虫忌避コート >> 製品安全データシート

バリアーコートの効果検証試験

1.ゴキブリ忌避試験
 (財)日本環境衡生センターの試験方法(検体を処理、したシェルター中への供試虫の潜伏状況から効力を判定する方法)に準じた。
 高さ20cm、横26cm、縦15cmの紙製で内部を樹脂加工した容器中に、7×7cmに切つた試験試料及び無処理試料を対にして置いた。試料の上に同大のペニア板の4辺に角材を貼り付け、試料面とペニア板との間に5mmの隙間が出来るようにしたシェルターを置いた(図2参照)。
 容器の中央部には水を含ませた脱脂綿と固型飼料を置き、供試虫が自由に摂取出来るようにした。試虫の逃亡を防止するため、容器内壁にワセリンを薄く塗った後に、供試虫20匹を入れた(図3参照)試験開始24時間後処理区、無処理区のシェルターに潜伏するゴキブリの数を計数し、下記の計算式によって忌避効果を判定した。試験は、光源、温湿度差、個体差等によるバラツキを考慮して、3回の繰返しを行い、その合計値によって忌避率を算出したが、試験区のうち1区でも処理区の数が無処理区の数を超えるものがあった時は、忌避効果は認められぬものとして、全体の忌避率は0%とした。
             処理区の供試虫数
忌避率(%)=(1− __________)×100
             対照区の供試虫数
[供試虫]ヤケヒョウヒダニ(東京女子医大系、試験所にて累代飼育したもの)
      チヤバネゴキブリ成虫(試験所にて累代飼育したもの)
結果
試  料 N1 N2 N3 合計 忌避率(%)
防虫加工(処理) 2 3 1 7 86.3
未加工(未処理) 17 16 18 51  



2.ダニ忌避試験
直経約35mm、高さ約10mmのプラスチックシャーレに直径35mに切り抜いた試料を敷き込みこの上にダニの入っていない粉末飼料0.05gを置いた。これを、直経約90mm、高さ約15mmのプラスチックシャーレの中央に置いた。この大小のシャーレの間に、良く繁殖したダニ培地を生存ダニ数として約3,000個体投入し、均一に広げた。
これを粘着シート上に置き、307×242×45mmの食品保存用プラスチック製容器に粘着シートごと入れ、飽和食塩水を入れて蓋をして容器内の湿度を75±5%RHに保ち、25±1℃の恒温器に格納して1昼夜飼育の後、試料を水洗い法にてダニを回収ののち計数し、次式にあてはめて忌避率を求めた。なお、試験はばらつきを考慮し、3回の繰り返しを行った。

             処理区の供試虫数
忌避率(%)=(1− __________)×100
             対照区の供試虫数
結果
試 料 生存ダニ数 忌避率(%)
防虫加工(処理) 329 72.9
未加工(未処理) 1212  


インターネットのお掃除やさん、「お掃除&コーティングの専門店KIS」です(^ ^)/
お掃除&コーティングの専門店KIS
▼ハウスクリーニング▼ハウスコーティング▼業務用清掃用品販売
TEL 06-6762-3141 FAX 06-6762-1714
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町2-1-14 コウブンドウビル1F
24時間ホットライン(インターネットお問合せ窓口)
当社からのメールが届かない、返事が無いとお困りの方へ







公益財団法人 日本中毒情報センター 誤飲、誤用の応急処置